コミュニケーション研修

学ぶより体感する納得するから即効性がある


コミュニケーションとは、簡単にいうと「やってほしいことを、やってもらう」ことです。知ってほしい、信じてほしい、わかってほしい、行動してほしいなど、これらのことを達成するために会話をしています。しかし、人の判断基準は価値観の違いのよって起こり、それによって人間関係のストレスを感じ、悩みや問題が生じてもどう対応していいか、誰に相談すればいいのか悩みます。問題になる前にコミュニケーション能力を身につけることが最優先なのです。

研修内容

① 自分判断の基準を理解する


「自分」という存在を最大限に活かすには、自分自身を理解していることです。どのような状況にも、どのようなことが起こっても、自分にとって最善の方法を選ぶことができるようになるための理解とスキルが身につきます。

テーマ:軸を持つ

  1. 自分を知る
  2. 思考と行動のパターン
  3. 効果的な認識
  4. 経験の捉え方と言葉の使い方
  5. やる気と達成

② 他者の判断基準を理解する


「他者と自分は違う」という認識ができれば、より良い人間関係のスタートとなります。相手の考え方が自分と違ってもそれを理解し、認めることができた時、共感、共有という卓越したコミュニケーションができるようになります。

テーマ:コミュニケーション

  1. 理解する
  2. 感覚を使いこなす
  3. 質問の意味
  4. 素早い理解と信頼関係
  5. 思考と心の整理
  6. Yesを引き出す話し方

コミュニケーション研修に関するお問い合わせ